バスケットボールのプロ化について

去年の9月にバスケットボールのプロリーグ、Bリーグが開幕しました。バスケットボールに携わってきた人間としてはとても喜ばしいことだったのですが、私はちょうどBリーグができた年にバスケットボールの競技人生を終了しました。小さい頃はプロになろうとしていましたが、バスケットボール界の現状を目の当たりにして未来のないバスケットボールのプロになってどうするという思いがでてきてプロへの思いが薄れていきました。そして、引退を間近に控えての本格的なプロリーグの開幕。これは言い訳になってしまいますが、もう少し早くBリーグができていれば本当に全力で頑張ってなんとしてでもBリーグに入ろうと努力していたと思います。今までも努力していなかったわけではないですがもっとできたという気持ちがありますね。やはり夢のある職業というのは才能もすごく大事なのは確かです。ただ、1番大事なのは自分を信じ続けひたすらに目標に向かい続ける意志なんだと思いました。私は今すごく後悔しています。善玉菌を増やすにはサプリが有効です